2022年平日の夜にソロ焚き火したくなったら? 事前準備さえあれば今から行ける【若洲キャンプ場】

camp

こんにちは
とらぽんです。
ソロ焚き火準備について記事を書きました。

急に平日の夜にソロ焚き火したくなったら
事前の準備さえあればいつでも行ける

こういったことを徹底解説します。

この記事を書いている僕はキャンプ歴5年ほど。
2021年11月から都内若洲キャンプ場へ
ほぼ毎週1回通い続けてみました。

こういった僕が解説していきます。

平日の夜にソロ焚き火したくなったら


お仕事をしているみなさん
特に平日の昼間働く
大多数のみなさん

平日の夜に
ちょっとだけ
ソロ焚き火したいですよね

気軽に
飲みに行くレベルで

かくゆう
僕もその一人で

毎週平日夜
ふらっとソロ焚き火を楽しんでます。

時間にして3時間くらいです
ソロ焚き火が平日の夜最高な理由

若洲キャンプ場では
日帰り枠があります。

夜9時まで

なので
18時~21時を目標に
仕事を片付けます。

僕は
リモートワークかつ
バイク移動できるので
ほぼロスがありません。

平日の夜にソロ焚き火するための準備について


若洲キャンプ場に
毎週通った
経験上
最適なルーティンがあります。

これには
いくつか条件があります。

まず
当日受付11時~16時までに
一回現地に行く必要がある。

つまり
18時にスタートしたい場合
受付が閉まっているので
入れませんね

そこで
夜だけ楽しみたい場合でも
一度受付のために現地に行く必要があるのです。

はい
かなりめんどうです。
しかし
これに関しては融通はききません。
例えばもっと前の日に支払いだけ済ませるとか・・・・
無理です。

なので
あなたか
あなたの焚き火パートナーが
必ず行く必要があります。

そのため
僕は
まず午前中に
バイクで受付しに行きます。

そして
場所を確保して
売店で薪を1束買って
マイサイトへ置いておきます。

そして
すぐに帰ります。

これで往復1時間

その後
仕事を頑張って
18時ごろに再び
キャンプ場に戻ってきます。

これで
仕事も休まず
夜だけソロ焚き火の完成です。

そこから
3時間ほど
ゆっくりと焚き火を楽しんでください。

ただ
現地についてからは
まずはタープをはったり
焚き火の前に準備することがあります

詳しくは
現地でソロ焚き火をするための手順は

また
おなかも空くでしょうから
ソロ焚き火で考える最高の料理とは

こちらもどうぞ

まとめ

ソロ焚き火というと
半日もしくわ一日がかりというイメージが
あると思いますが
夜3時間だけ遊んでくるという
お気軽ソロ焚き火もあるのです。

最低限道具をもって出かける準備をしましょう
必要最低限の道具はこちらから

そんな若洲公園キャンプ場はこちらから